日本文化の孤立状況を数値化して地図にする

サミュエル・ハンチントンは、『文明の衝突と21世紀の日本』 (集英社新書)の中で、世界を、西欧、東方正教会、イスラム、アフリカ、ラテンアメリカ、中華、ヒンドゥー、仏教、そして日本の7つの文明に分けている。

日本文化は、外から見ると分かりにくいのは確かで、このハンチントンの説は直感的には理解できる。ただ、世界には他にもいろいろな国があるわけだから、本当にそうなのか、数値的な裏付けはあるのかと言う疑問が残る。

そこで、ホフステードの文化的価値の指標で、この日本の孤立状況を地図で図示してみることにした。

国と国との間の文化的距離を測る指標に、コグート=シン指数と言うものがある。企業の海外進出のリスクを数値化するために、ホフトテード指数を用いて以下のように定義されている。

ここで、
 はi-国とj-国の文化的距離、
 はi-国のk-次ホフトテード指数
 はk-次ホフトテード指数の分散

コグートとシンは、この指数と企業の海外進出時の合弁選択の割合が相関していることを示した。ただ、二乗和をそのまま距離として定義すると、数学的な距離の概念と合わないので、平方根をとったほうがよい。

この距離を使って、スペインとその周辺国の地図を描いたのが上の図。スペインからの距離=1の中に、31ヶ国が入る。図で、Y軸は個人主義vs集団主義の指標で、上に行くほど個人主義が強くなる。X軸は、それ以外の指標に関わる遠近で、右側は男性らしさが強い国々(性別役割分担がある国々)で、左側は女性らしさが強い国々。

この地図を、日本周辺で描いたのが次の図:

今度は、日本からの距離=1の中に、ハンガリーがただ一国入るだけだ。

ホフステード指標が測られている国や地域で、この距離=1の中に、何ヶ国(あるいは地域)が入るかを計算すると、以下のようになる:

国名

近接国数

近接国

ブラジル

34

トルコ,クロアチア,スペイン,パキスタン,ブルガリア,セルビア,ルーマニア,タイ,モロッコ,ペルー,マルタ,ポーランド,チリ,ウルグアイ,メキシコ,チェコ,エルサルバドル,イラン,スロベニア,ギリシャ,フランス,インド,ポルトガル,インドネシア,コロンビア,ルクセンブルク,ベネズエラ,フィリピン,トリニダードトバゴ,アラブ諸国,バングラデシュ,東アフリカ,アルゼンチン,西アフリカ

スペイン

31

トルコ,ウルグアイ,タイ,マルタ,ブラジル,フランス,クロアチア,チェコ,ルクセンブルク,ポーランド,ブルガリア,アルゼンチン,ギリシャ,チリ,ポルトガル,スロベニア,パキスタン,セルビア,ルーマニア,ペルー,モロッコ,アラブ諸国,エルサルバドル,イラン,フィンランド,イタリア,ベルギー,東アフリカ,イスラエル,エストニア,バングラデシュ

トルコ

31

ウルグアイ,ブラジル,クロアチア,スペイン,ブルガリア,セルビア,マルタ,ルーマニア,チリ,ペルー,パキスタン,ギリシャ,スロベニア,ポルトガル,タイ,エルサルバドル,ポーランド,アラブ諸国,アルゼンチン,バングラデシュ,チェコ,フランス,東アフリカ,モロッコ,メキシコ,イラン,ルクセンブルク,コロンビア,ロシア,インドネシア,インド

パキスタン

31

タイ,トルコ,ペルー,スペイン,トリニダードトバゴ,セルビア,台湾,スロベニア,ベトナム,ルーマニア,ウルグアイ,ポルトガル,ブラジル,バングラデシュ,東アフリカ,クロアチア,ブルガリア,インドネシア,チリ,エルサルバドル,コロンビア,アラブ諸国,イラン,香港,アルゼンチン,メキシコ,チェコ,ギリシャ,ルクセンブルク,西アフリカ,モロッコ

クロアチア

30

トルコ,セルビア,ルーマニア,スペイン,スロベニア,パキスタン,タイ,ロシア,マルタ,チェコ,インドネシア,フランス,ペルー,ウルグアイ,ポルトガル,ギリシャ,エルサルバドル,台湾,ポーランド,韓国,ルクセンブルク,インド,メキシコ,モロッコ,ブルガリア,ブラジル,バングラデシュ,チリ,東アフリカ,アラブ諸国

アラブ諸国

29

モロッコ,メキシコ,ブラジル,イラン,バングラデシュ,フィリピン,トルコ,タイ,コロンビア,ペルー,ベネズエラ,エルサルバドル,アルゼンチン,ポーランド,クロアチア,ルーマニア,インド,セルビア,ウルグアイ,チリ,スペイン,パキスタン,トリニダードトバゴ,マレーシア,ポルトガル,マルタ,インドネシア,西アフリカ,東アフリカ

タイ

27

トルコ,トリニダードトバゴ,ウルグアイ,ベトナム,東アフリカ,チリ,ペルー,パキスタン,イラン,ブラジル,西アフリカ,エルサルバドル,バングラデシュ,アラブ諸国,クロアチア,スロベニア,モロッコ,インドネシア,ポルトガル,スペイン,コロンビア,セルビア,ブルガリア,ルーマニア,アルゼンチン,メキシコ,インド

バングラデシュ

27

インドネシア,ブラジル,パキスタン,クロアチア,フィリピン,タイ,インド,トルコ,セルビア,マレーシア,香港,メキシコ,ルーマニア,ベトナム,ブルガリア,ベネズエラ,ペルー,コロンビア,モロッコ,イラン,チリ,エルサルバドル,スペイン,トリニダードトバゴ,東アフリカ,アラブ諸国,西アフリカ

ペルー

27

ポルトガル,ウルグアイ,タイ,トルコ,セルビア,スロベニア,ルーマニア,スペイン,ベネズエラ,トリニダードトバゴ,エルサルバドル,チリ,コロンビア,ブラジル,パキスタン,アラブ諸国,東アフリカ,アルゼンチン,クロアチア,メキシコ,モロッコ,イラン,西アフリカ,ギリシャ,バングラデシュ,ブルガリア,マルタ

東アフリカ

27

タイ,イラン,西アフリカ,バングラデシュ,アラブ諸国,ブラジル,パキスタン,モロッコ,ベトナム,トリニダードトバゴ,インドネシア,ペルー,チリ,インド,トルコ,クロアチア,香港,フィリピン,エルサルバドル,スペイン,コロンビア,アルゼンチン,スロベニア,マレーシア,メキシコ,ウルグアイ,ブルガリア

エルサルバドル

26

ペルー,ポルトガル,ウルグアイ,トルコ,タイ,セルビア,スロベニア,ギリシャ,モロッコ,メキシコ,パキスタン,ルーマニア,イラン,スペイン,ベネズエラ,マルタ,トリニダードトバゴ,チリ,コロンビア,ブラジル,アルゼンチン,アラブ諸国,クロアチア,西アフリカ,東アフリカ,バングラデシュ

ブルガリア

25

クロアチア,トルコ,セルビア,ルーマニア,ロシア,スロベニア,スペイン,台湾,韓国,パキスタン,チェコ,フランス,マルタ,チリ,インドネシア,ギリシャ,タイ,ペルー,ウルグアイ,ポルトガル,ルクセンブルク,ブラジル,バングラデシュ,ベルギー,東アフリカ

ルクセンブルク

25

スイス,スペイン,マルタ,トルコ,ニュージーランド,ポーランド,オランダ,パキスタン,チェコ,ドイツ,イタリア,エストニア,フランス,フィンランド,リトアニア,カナダ,イスラエル,ベルギー,ブラジル,オーストリア,クロアチア,ブルガリア,ラトビア,アルゼンチン,ハンガリー

ウルグアイ

24

ポルトガル,エルサルバドル,チリ,ペルー,トルコ,スペイン,アルゼンチン,ギリシャ,マルタ,ブラジル,スロベニア,クロアチア,セルビア,タイ,モロッコ,ポーランド,アラブ諸国,ルーマニア,イラン,コロンビア,メキシコ,ブルガリア,パキスタン,東アフリカ

チリ

24

ペルー,ポルトガル,エルサルバドル,スロベニア,ウルグアイ,タイ,トルコ,クロアチア,スペイン,セルビア,パキスタン,ルーマニア,イラン,モロッコ,マルタ,ギリシャ,コロンビア,ブラジル,東アフリカ,ブルガリア,アラブ諸国,アルゼンチン,西アフリカ,バングラデシュ

マルタ

24

スペイン,ポーランド,トルコ,ウルグアイ,ポルトガル,セルビア,ルーマニア,モロッコ,スロベニア,ペルー,フランス,ギリシャ,ブラジル,アルゼンチン,チェコ,ルクセンブルク,クロアチア,ベルギー,イタリア,ブルガリア,チリ,エルサルバドル,イスラエル,アラブ諸国

モロッコ

24

トルコ,タイ,ペルー,ポーランド,ウルグアイ,トリニダードトバゴ,フィリピン,スペイン,ベネズエラ,パキスタン,アラブ諸国,イラン,アルゼンチン,西アフリカ,メキシコ,ブラジル,東アフリカ,コロンビア,エルサルバドル,バングラデシュ,チリ,インド,マルタ,クロアチア

セルビア

23

トルコ,スロベニア,ウルグアイ,スペイン,タイ,ルーマニア,クロアチア,ブルガリア,ブラジル,ロシア,バングラデシュ,ペルー,チリ,エルサルバドル,ポルトガル,ギリシャ,アラブ諸国,パキスタン,メキシコ,マルタ,インドネシア,ポーランド,フランス

メキシコ

23

ベネズエラ,モロッコ,ポーランド,ペルー,トルコ,フィリピン,セルビア,ルーマニア,ウルグアイ,パキスタン,タイ,トリニダードトバゴ,アラブ諸国,コロンビア,ブラジル,バングラデシュ,エルサルバドル,アルゼンチン,西アフリカ,ギリシャ,イラン,クロアチア,東アフリカ

ルーマニア

23

セルビア,トルコ,ロシア,スロベニア,スペイン,ウルグアイ,タイ,クロアチア,ブルガリア,ブラジル,バングラデシュ,チリ,アラブ諸国,ペルー,ポルトガル,エルサルバドル,メキシコ,ギリシャ,パキスタン,マルタ,ポーランド,フランス,インドネシア

アルゼンチン

22

モロッコ,ウルグアイ,ポーランド,イラン,スペイン,マルタ,トルコ,ブラジル,ペルー,エルサルバドル,ギリシャ,コロンビア,メキシコ,ポルトガル,トリニダードトバゴ,チリ,イスラエル,タイ,パキスタン,ルクセンブルク,アラブ諸国,東アフリカ

イラン

20

モロッコ,タイ,トリニダードトバゴ,ペルー,トルコ,ウルグアイ,スペイン,パキスタン,メキシコ,東アフリカ,アラブ諸国,西アフリカ,アルゼンチン,ブラジル,チリ,エルサルバドル,コロンビア,フィンランド,バングラデシュ,インド

インドネシア

19

ベトナム,パキスタン,マレーシア,タイ,シンガポール,台湾,フィリピン,セルビア,トルコ,ルーマニア,バングラデシュ,香港,東アフリカ,インド,クロアチア,中国,ブラジル,ブルガリア,アラブ諸国

コロンビア

19

ベネズエラ,メキシコ,ペルー,エルサルバドル,トリニダードトバゴ,モロッコ,パキスタン,タイ,イラン,ウルグアイ,トルコ,ポルトガル,アラブ諸国,西アフリカ,アルゼンチン,ブラジル,バングラデシュ,東アフリカ,チリ

チェコ

19

ルクセンブルク,イタリア,フランス,スペイン,ドイツ,マルタ,スイス,トルコ,ポーランド,エストニア,インド,ハンガリー,パキスタン,台湾,リトアニア,ベルギー,ブラジル,ブルガリア,クロアチア

ポーランド

19

スペイン,トルコ,ウルグアイ,ルーマニア,セルビア,マルタ,アルゼンチン,ブラジル,ギリシャ,フランス,メキシコ,イタリア,モロッコ,チェコ,アラブ諸国,クロアチア,ハンガリー,ベルギー,ルクセンブルク

ポルトガル

19

ウルグアイ,スロベニア,トルコ,スペイン,セルビア,タイ,ルーマニア,エルサルバドル,チリ,ペルー,ギリシャ,ブラジル,クロアチア,マルタ,アルゼンチン,ブルガリア,パキスタン,アラブ諸国,コロンビア

インド

17

フィリピン,ベトナム,インドネシア,マレーシア,モロッコ,シンガポール,イラン,トルコ,タイ,香港,バングラデシュ,東アフリカ,ブラジル,アラブ諸国,チェコ,クロアチア,中国

ギリシャ

17

マルタ,トルコ,ウルグアイ,ポーランド,スペイン,ポルトガル,セルビア,ペルー,ルーマニア,メキシコ,パキスタン,ブラジル,アルゼンチン,エルサルバドル,クロアチア,ブルガリア,チリ

スロベニア

17

トルコ,タイ,ウルグアイ,スペイン,チリ,クロアチア,ポルトガル,ブルガリア,セルビア,ルーマニア,ペルー,ブラジル,エルサルバドル,パキスタン,ロシア,東アフリカ,マルタ

西アフリカ

17

アラブ諸国,イラン,モロッコ,タイ,トリニダードトバゴ,コロンビア,フィリピン,バングラデシュ,ペルー,ベネズエラ,メキシコ,エルサルバドル,ブラジル,チリ,マレーシア,パキスタン,東アフリカ

フランス

16

マルタ,スペイン,ルクセンブルク,ポーランド,トルコ,イタリア,ロシア,ルーマニア,リトアニア,セルビア,ベルギー,チェコ,クロアチア,ブラジル,ブルガリア,エストニア

トリニダードトバゴ

15

ベネズエラ,イラン,コロンビア,東アフリカ,西アフリカ,タイ,モロッコ,パキスタン,ペルー,アルゼンチン,アラブ諸国,バングラデシュ,エルサルバドル,ブラジル,メキシコ

イタリア

14

スイス,ルクセンブルク,ポーランド,マルタ,スペイン,アメリカ,ハンガリー,チェコ,ドイツ,ベルギー,フランス,カナダ,イギリス,オーストリア

フィンランド

13

ノルウェー,オランダ,ラトビア,ルクセンブルク,イスラエル,スウェーデン,ニュージーランド,スペイン,リトアニア,イラン,カナダ,デンマーク,エストニア

フィリピン

12

ベネズエラ,マレーシア,アラブ諸国,バングラデシュ,インド,西アフリカ,メキシコ,モロッコ,東アフリカ,インドネシア,香港,ブラジル

ベネズエラ

11

コロンビア,メキシコ,アラブ諸国,西アフリカ,バングラデシュ,ペルー,フィリピン,モロッコ,エルサルバドル,トリニダードトバゴ,ブラジル

エストニア

10

リトアニア,ラトビア,ルクセンブルク,オランダ,ドイツ,フィンランド,フランス,スイス,スペイン,チェコ

スイス

10

ドイツ,イタリア,ルクセンブルク,チェコ,オーストリア,イギリス,ハンガリー,カナダ,ニュージーランド,エストニア

ニュージーランド

10

アメリカ,スイス,カナダ,オーストラリア,アイルランド,イギリス,フィンランド,イスラエル,ルクセンブルク,オーストリア

ベトナム

10

香港,インドネシア,シンガポール,東アフリカ,インド,バングラデシュ,マレーシア,タイ,中国,パキスタン

香港

10

ベトナム,シンガポール,インドネシア,インド,マレーシア,パキスタン,フィリピン,中国,バングラデシュ,東アフリカ

カナダ

9

アメリカ,ニュージーランド,イギリス,アイルランド,フィンランド,ルクセンブルク,イタリア,スイス,オーストラリア

ドイツ

9

スイス,ルクセンブルク,イタリア,ハンガリー,イギリス,チェコ,オーストリア,エストニア,ベルギー

ベルギー

9

フランス,チェコ,イタリア,マルタ,ルクセンブルク,スペイン,ドイツ,ポーランド,ブルガリア

マレーシア

9

フィリピン,ベトナム,バングラデシュ,インド,インドネシア,香港,アラブ諸国,西アフリカ,東アフリカ

イギリス

8

アメリカ,ニュージーランド,アイルランド,スイス,イタリア,カナダ,オーストラリア,ドイツ

オランダ

8

スウェーデン,ノルウェー,ラトビア,リトアニア,エストニア,フィンランド,デンマーク,ルクセンブルク

ハンガリー

8

イタリア,スイス,日本,ポーランド,ルクセンブルク,ドイツ,チェコ,オーストリア

ロシア

8

セルビア,スロベニア,トルコ,ブルガリア,ルーマニア,クロアチア,韓国,フランス

イスラエル

7

ルクセンブルク,ニュージーランド,スペイン,マルタ,フィンランド,オーストリア,アルゼンチン

オーストリア

7

スイス,ドイツ,イスラエル,ルクセンブルク,ハンガリー,イタリア,ニュージーランド

ラトビア

7

オランダ,リトアニア,ノルウェー,スウェーデン,ルクセンブルク,エストニア,フィンランド

リトアニア

7

オランダ,ルクセンブルク,エストニア,ラトビア,フィンランド,チェコ,フランス

アメリカ

6

オーストラリア,カナダ,ニュージーランド,アイルランド,イギリス,イタリア

台湾

6

韓国,ブルガリア,パキスタン,クロアチア,インドネシア,チェコ

アイルランド

5

ニュージーランド,アメリカ,オーストラリア,カナダ,イギリス

オーストラリア

5

アメリカ,カナダ,ニュージーランド,アイルランド,イギリス

シンガポール

5

ベトナム,香港,中国,インドネシア,インド

スウェーデン

5

デンマーク,ノルウェー,オランダ,ラトビア,フィンランド

ノルウェー

5

スウェーデン,フィンランド,デンマーク,オランダ,ラトビア

中国

5

香港,シンガポール,インドネシア,ベトナム,インド

デンマーク

4

スウェーデン,ノルウェー,フィンランド,オランダ

韓国

4

台湾,ロシア,ブルガリア,クロアチア

日本

1

ハンガリー

スロバキア

0

 

 

スロバキアとともに近接国が最も少ない国の一つが日本なのである。

「日本文化の孤立状況を数値化して地図にする」への4件のフィードバック

  1. こんばんは、立命館大学 経営学部 国際経営学科で
    国際経営学について学んでいる小野澤と申します。

    Cage分析、ホフステッド指数について調べていてたまたまこのホームページに辿り着きました。非常に興味深い記事で、勉強させて頂きました!

    最後のコグート=シン指数を用いた地図について少し疑問なのですが、

    ホフステッド指数には「権力の格差」、「個人主義対集団主義」、「男性らしさ対女性らしさ」、「不確実性の回避」、「長期的な視野をとるか」の5つあります(6つ目に「自己抑制的か」を入れなければ)。
    この地図の作成やや距離1内の国の数の分析はというのは、5つを用いたコグート=シン指数ではなく、5つのうち「個人主義対集団主義」、「男性らしさ対女性らしさ」の2つのみを用いて行われたように見えるのですが、いかがでしょうか?
    僕も5つを用いて地図を作成して、国ごとの文化の距離を可視化したいと考えていたので、5つ全ての要素をグラフにする方法があれば参考にさせて頂きたいです。3次元が限界かと考えて諦めていたところです。

    1. こんばんは、北岡です。

      地図も表も、ホフステードの6つの指標の内、放縦vs抑制以外の5つの指標を計算に使っています。

      各国間の距離は、コグート=シンの数式で簡単に求められますから、これに基づいて地図を作る方法はいろいろ考えられると思います。私がここでやってみたのは、個人主義vs集団主義の指標での距離をy 軸に、それ以外の距離成分をx軸にまずとります。つまり、x軸での距離は、権力の格差、長期志向vs短期志向、 男性らしさvs女性らしさ、不確実性回避と言う4つの指標での距離(二乗和の平方根)になっているのです。
      これだけでも地図にはなるのですが、価値観が非常に異なる国が近くに配置されてしまうので、集団主義が相対的に強い国々はy 軸のマイナス側、女性らしさが平均以上の国々は左側へと、上下左右に分けて配置してみたのです。
      私は一昔前の東大数学科出身者なので、もう少し垢抜けた地図を作って見たいと言う気持ちもあります。でも、このようにexcelで作ってみたら、意外と直感的に理解できる地図になったので、取り敢えずは良しとしています。面接授業を担当している放送大学では、取り敢えず、これで授業に使っています。

      1. 北岡さん、

        小野澤です。ご返事ありがとうございます。
        5つの指標を用いて地図が作れるのですね!
        初歩的な事なのかも知れませんが、
        数学にあまり詳しくないので勉強し直して自分でも取り組んでみます。

        この記事の地図も表も十分に面白いですが
        欲をいえば”垢抜けた地図”も見てみたいです。

        今後も拝読させていただきます!

コメントは停止中です。