日本の先行事例となっているオーストリアのコロナ・パンデミックへの対応状況

このページは、オーストリアのコロナウイルス・パンデミックに関する4月26日付けの英文のWikipediaのページを、Google翻訳し、されに修正を施して若干読みやすくしたものです。詳細は以下の原文を参照してください。https://en.wikipedia.org/wiki/2020_coronavirus_pandemic_in_Austria

2019〜20年のコロナウイルスのパンデミックは、2月25日にオーストリアに広がったことが確認されています。24歳の男性と24歳の女性がイタリアのロンバルディアから旅行し、 インスブルックの病院で治療を受けました。

背景

2020年1月12日、 世界保健機関 (WHO)は、 2019年12月31日にWHOに報告された新規のコロナウイルス中国 湖北省 武漢の人々の集団における呼吸器疾患の原因であることを確認した。

COVID-19の致死率は、2003年のSARSよりもはるかに低いが、 感染力は著しく大きく、総死亡者数もかなり多い。

イベント

2020年2月25日、 オーストリアCOVID-19の最初の2症例を確認しました。イタリアのロンバルディア出身の24歳の男性と24歳の女性で、陽性反応が出て、 チロルインスブルックの病院で治療を受けました。

2月27日、 ウィーンに住む72歳の男性は、 SARS-CoV-2の検査で陽性になる前に、インフルエンザの症状があり、10日間、Krankenanstalt Rudolfstiftung病院にいました。 その後、カイザー・フランツ・ジョセフ病院に移送されました。 陽性反応を示したカップルと症状を示していた彼らの2人の子供が、カイザー・フランツ・ジョセフ病院に入院した。 家族は以前、イタリアのロンバルディアで休暇中だった。 2月28日、1人の子供、15歳の少年が陽性反応を示した。 この病気のため高校では、4人の教師と、2003年から2005年生まれの23人の生徒が隔離のために家に返されるという予防措置が取られました。 

3月1日から、ドイツと北欧諸国の当局は、チロルのスキーリゾートの町イシュグルをコロナウイルスの主要なホットスポットとして特定しました。 数百の感染が最終的にこの町にさかのぼって追跡されました。感染は2月下旬から発生していたのです。初期のリスクを軽減した後、チロル当局は3月13日に町全体を検疫に入れました。

2020年3月10日、政府はすべての大学が遅くとも3月16日までにクラスを終了すると発表しました。 500人を超えるすべての屋外イベントと100人を超えるすべての屋内イベントはキャンセルされました。 14歳以上のすべての子供は3月15日から、13歳以下のすべての子供は3月17日から家にいるように命じられました。 これは4月4日まで適用されました。イタリアからの入国制限が確立されました。 政府は一般の人々に社会的な接触を避けるように要請し、さらなる制限がまもなく行われることを発表しました。 

2020年3月12日、オーストリアはCOVID-19の最初の死亡を確認しました。ウィーン出身の69歳の男性がウィーンのカイザー・フランツ・ヨーゼフ病院で死亡しました。 

2020年3月13日までに、確認された症例は422人でした。 

COVID-19に感染した可能性のある人は、感染のリスクを減らすために、いかなる場合も医師または外来クリニックに行くべきではなく、代わりにヘルスケア番号1450に電話するように指示されました。 3月15日、パンデミックを前にして、他の日曜日の約70倍の電話がありました。 

3月15日、5人以上の集会の禁止も発表され、3月17日からレストランの閉鎖が命じられました。 さらに、 チロルの総督であるギュンタープラッターは州全体で1週間の封鎖を発表しました。 チロルの住民は、食べ物や薬の購入、医者への訪問、現金の引き出し、犬の散歩などの必要な理由を除いて、自宅に留まる必要がありました。 

3月16日、禁止措置は全国に拡大され、外出するには次のいずれかの理由が必要とされるようになりました: 

  • 必要な業務上の活動
  • 必要な購入(食料品または医薬品)
  • 他の人を助ける
  • 外で、単独で、または同じ世帯に住む人々と一緒に活動する

当局は、これらの制限は警察によって積極的に実施されていると述べた。

3月27日、連邦保健大臣ルドルフアンスチョーバーはオーストリアでパンデミックが2020年4月中旬から5月中旬の間にピークになると予想されると発表しました。

3月30日、オーストリア政府は、4月6日から、店に入るすべての人がフェイスマスクを着用する必要があると発表しました。

3月30日、オーストリア政府はランダムテストを実施すると発表しました。 

4月1日から4月6日まで、ランダムテストはSORA研究所によって実施され、ウイルスの影響を受けた地域でランダムに選択された2000人の候補者に連絡を取りました。 1544人の候補者がテストされました。 この研究に基づいて、病院に入院していない集団における感染の有病率が再計算され、その結果、推定値は約0.33%でした。 結果は4月10日に発表されました。

4月14日、公共交通機関でもフェイスマスクの着用が義務付けられました。 同時に、400ヘーベ未満の小売店やホームセンターなどの店舗は再開が許可されました。 

政府の防止策

3月16日 外出禁止措置(上記参照)。自宅でできないすべての必須でない業務の停止。

3月17日、国境検問に加えて、オーストリアはイタリア、中国の湖北省、イラン、韓国からのすべての入国を禁止しました。ただし、コロナウイルスの影響を受けていないことを確認した4日以内の診断書を持っていた人は例外です。 

3月27日、これ以上の防止策は計画されていないことが発表されました。 

3月30日、政府は口と鼻を覆うフェイスマスクの着用を義務付ける計画を発表しました。 4月6日以降、これはスーパーマーケットに入る人にのみ影響しますが、近い将来、より多くの公共の場所に拡大されます。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です